AS BROTHERS

ARCHIVES

ソウイチロウのコラ〜ム

【クリオネになりたい。】2006/8/2

こんちは。夏になたね。夏いね!ヌルいね!
っつーか「ね」をたくさん書いたら変な感じだねねねねねねねねねねねねね。

スイマセン。
しばらく書かない内にいささか文章になじめない自分ッス。
ソウイチロウです。右見て左見て、ソウイチロウです。

さてさて、三十路ロードにも定着しつつあるワタクシ。
この前、知り合いの野郎達とたあいもない話から、
20後半からいきなりくる「やばさ」についてみんな切々と語りはじめ
とりあえず体の事を心配し始める自分がいる。
なんてな事を聞き、ふむふ~む、などとうなづき、阿鼻叫喚、
みんな接骨院に行ったり、マッサージに行ったり、体をケアーしている訳なのだが、
ワタクシ宮本、一度たりともそんな所に通った事もなく。
毎日コーヒー&タバコ&酒という日々。

周りの野郎達からも「それで体大丈夫?」などと心配されつつ、
ケン・志村ばりに「だいじょ~ぶだぁ~」などと言ってはみたものの、
野郎の一人に突然くるよ。突然☆
などと言われるとさすがに弱気になっちゃう自分がいるわけですよ。

んで、なにから始めたら良いのか、と問い詰めると、
まず水を飲みなされ!など言われまして、
かといっても、水ならば焼酎の水割り飲んでるよ、
と言えばそんなのじゃダメと言われ、
ほいじゃ、そば茶飲んでるょ、と言えば、
お茶は利尿作用があるから体に溜まらないなどと返され、
少しふてくされながらも納得。せざるおえず。

そうだなぁ、そろそろ体心配せないかんなぁ~などみんなに流されました。
でも体の中の事は誰もわかりません。
せめて、体の中が解れば自分がどういう事になってるかも把握できるわけだが…。

そこでワタクシひらめきました。
「そうだ!クリオネ!クリオネだよ。みんな☆
クリオネになれば体の中が一目でわかるよ~」など言ってみると、
野郎達も納得。阿鼻叫喚。

がしかし発想が支離滅裂すぎてみんなから
「気持ち悪い」だの「あんな小さいからええけどこの大きさで透明はちょっと…」だの
「まるでコブラのクリスタルキングみたい」だの、
やんややんやと言われまたも、へこみ、もう水なんて飲まん!と誓う今日この頃。
なのでした。

しかし、あれから毎朝必ず水を飲んでる自分がいます。
わちゃあ。まま、なんにせよ体によゐこと。体ヲタイセツニ…。

←前へ次へ→

TOPページへ

Copyright © 1998-2011 AS BROTHERS All Rights Reserved.

inserted by FC2 system